CPIサーバー(ACE01)でリダイレクト設定をする方法(htaccess)

ウェブ担当者は必ず確認すべき「wwwあり/なしの統一」をはじめ、サイトのリニューアルをキッカケに「サーバーを移転する」「ドメインを統合する」など、何らかの「引っ越し」を伴う場合でも、リダイレクトの処理をしたいことがあります。

そんな時、「mod_rewrite」というApacheのモジュールを使って「.htaccess」にリダイレクトの設定をしますが、サーバーによって「mod_rewrite」が使用できないことがあるので注意が必要です。

CPIサーバー(ACE01プラン)のhtaccess記述ポイント

CPIサーバーの場合、初期状態ではmod_rewriteが使用できないので、htaccessに以下の記述が必要です。

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine On

参考:.htaccessの設定方法 – CPIオンラインヘルプ

SEOには必須!「wwwあり/なし」「index.htmlあり/なし」

リダイレクトは、「URLの正規化」といわれSEOでは必須の処理です。

  • 「wwwあり/なし」を統一する
  • 「index.htmlあり/なし」を統一する

これらは、ウェブ担当者であれば必ず設定しておくべき事項です。

重複コンテンツと思われてペナルティの可能性も

「なんでペナルティ?!」とビックリするかもしれませんが、検索エンジンから見た場合、
「wwwあり」と「wwwなし」のサイトは、実は【別のURL】として理解しています。

(例)
・http://test.co.jp/
・http://www.test.co.jp/

index.htmlあり/なしも同様に「別扱い」です。

(例)
・http://test.co.jp/
・http://test.co.jp/index.html

つまり、「全く同じ内容のものが2つあるよ⇒重複コンテンツ」と判断されてしまう可能性があるので注意が必要ですね。

WEBサイトの悩み、ご相談ください。

・Webサイトの改善
・ライティングの添削
・アクセス解析(Google Analytics)の活用
・ホームページの制作
・WordPressのカスタマイズなど

Webサイトでお困りの方は、是非ご相談ください!