成果のでるホームページの作り方 [前提知識]

ホームページには「期待される役割り・目的」があります。
しかし、単純にサイトを公開しただけでは「期待の効果を100%発揮できない」ことが多いです。

Webサイトには「期待される目的を出せる(成果のでる)ホームページ」になる成長課程があります。
検索からの集客数、ウェブサイトに訪問したユーザーの反応、閲覧者が成約(購入や問い合わせなど)に至る割合いなど、様々な「ユーザーの反応・行動」から、より良いサイトにチューニング(改善)していく作業が必要です。

ウェブサイトの運営は「単にサイトを更新するだけの作業」ではなく、サイトがもたらす効果を最適化するための改善PDCAを継続することです。

ここでは、ウェブ担当者が知っておくべき改善の前提知識をご紹介します。

Webサイトの目的をはっきりさせる

「成果のでるホームページ」とは、言い換えると「サイトの目的を達成できるホームページ」のことです。
つまり、ホームページの成果を判断することは「サイトの目的を達成しているか?」を、しっかりと把握することから始まります。

サイトの目的が曖昧だと…

Webサイトの目的がしっかり定義されていないと、「何が成果なのか」がわかりません。そのため、成果が出ているのか、それとも出てないのか?が判断できないことになります。
判断ができないので、「たぶん、この施策をやれば何かよくなる(はず)」という行き当たりバッタリの対策になってしまいがちです。

しっかりと目的があると、成果に対する達成度が明確になるので、

  • 何がどれくらい、成果に達していないのか?が判断できる
  • 「何が足りないのか」「何が問題になっているのか」がハッキリ見える
  • 成果と実績とのギャップから、足りないことた課題が見つかる
  • ギャップを改善するためにどうすればよいか?の道すじができる

という改善の方向性が明確になります。

サイトの目的はウェブ担当者だけではなく、経営者を含めた組織全体でしっかりと共有しておくことをオススメします。
ウェブサイトの目的が共有されていない場合、「方向性の違ったアドバイス(横からの意見)」に振り回されてしまうこともあります。

ウェブサイトの運営は改善PDCAを実行すること

ウェブサイトを作っても、見てくれる人がいないと意味がありません。いくらデザインがかっこ良くてスタイリッシュなホームページを制作しても、集客できない・成約につながらないのであれば成果のあるサイトとはいえません。

ホームーページの現状を把握して、適切な改善を継続して行うことを継続し、Webサイトの効果を最適化していきます。

  • サイトの課題を発見する
  • 課題に応じた、適切な改善をする
  • 改善の効果を測定する
  • サイトの目的を達成しているかを確認する

これらの活動を続けることで、ホームページの運営効果は上がります。
ホームーページの運営に大切なことは「いかに集客し、そこからどれだけの成果を出すか」を追求していく継続的な活動を行うことです。

どんな知識があればよいか

Webサイトを改善するための戦略や手法、専門的なアプローチや知識は幅広くあります。

キーワードの選び方」や「役に立つコンテンツの作り方(ライティング)」など、Webマーケティングのノウハウを知っていると、効果的にサイトが運営できます。

Webサイトの情報を検索エンジンに伝えるための「SEO」の方法、ユーザーにわかりやすい「サイト構成・デザイン」などのノウハウも必要な知識です。

検索サイト(Googleなど)が検索結果を表示する仕組みを知ることも、ウェブ担当者の必須知識として知っておくとよいでしょう。

Webマーケティングは進化を続ける

Webマーケティングは、ネットの特性を活かして大きな成果を上げる活動です。
インターネットは最も手軽に情報収集ができるツールになっており、パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレット端末の利用も拡大しています。

今までは、企業が商品やサービスを「売り込む」という戦略(テレビCMや電話・DMなどのプッシュ型=アウトバウンドマーケティング)が主流でした。
しかし、ネットの普及により利用者が商品やサービスの情報を「自分から調べて選ぶ」という行動選択が手軽にできるようになりました。

そのため「見つけてもらう、興味・関心を集める」という戦略(インバウンドマーケティング)が重要になり、いかに集客するか(見つけてもらうか)興味・関心を持ってもらうか(成果を出すか)を考えて実行することが必要となります。

Webマーケティングは時代の流れとともに進化しており、効果的な戦略・手法を継続的に行う事が大切です。

消費者の購買プロセスをサイト運営に役立てる

インターネットで手軽に情報収集ができることで、消費者の意思決定プロセスが変化しています。検索やSNSなどによる共有・口コミの情報が、ウェブビジネスで重要な要素になりました。

消費者の購買行動プロセスに合わせたサイト戦略が、ホームページ改善の重要なポイントになります。

とことん調べて「納得して」決定する

インターネットの普及により、検索や口コミ・シェアによる情報収集の行動が重要になりました。
情報収集・検討・発信の行動を含めた購買プロセスが「AISCEAS」です。

  • Attention(テレビのCM、雑誌の広告などから商品を知る)
  • Interest(興味・関心を抱く)
  • Search(情報を集める)
  • Comparison(機能や価格を比較する)
  • Examination(情報から商品を検討する)
  • Action(商品を購入する)
  • Share(感想や使用感などを共有する)

興味を持った消費者は、検索・比較・検討することで「納得して決定する」という行動プロセスです。

様々な商品の情報を「機能や価格を比較する」「口コミやレビューを参考にする」など、情報を整理してじっくり検討する事もß、意思決定プロセスの一つになっています。SNSなどのメディアにより「自ら商品の感想などを発信できる」という事も特徴です。

サイト自体の品質を上げるしかない

ウェブサイトの効果を高めるための本質は、「そのサイトがユーザーのためになる」ということです。いくら検索の上位に表示されても、サイトの内容がわかりにくい、訪問者が満足しない(期待はずれ)では意味がありません。

サイトの現状分析や改善のための知識やノウハウを活用して、Webサイトの改善PDCAを継続することは「サイト自体の品質(魅力)を底上げする」ことにつながります。

WEBサイトの悩み、ご相談ください

Webサイトの改善
ライティングの添削
アクセス解析(Google Analytics)の活用
ホームページの制作
WordPressのカスタマイズなど

Webサイトでお困りの方は、是非ご相談ください!