SEOのテクニックは本当に効果があるの?!

SEOは『検索する人に向けて、Webサイトを最適化する』ための取り組みです。

重要なポイントは、ピントを「検索する人」に合わせる事です。Googleなどの「検索エンジンに上位表示させるため」にピントを合わせてしまうと間違えた取り組み・小手先だけの取り組みになってしまいます。

SEOには様々な手法があり、テクニックや方法だけでなく、知識や考え方、目標・目的なども含めた「取り組み全体のノウハウ」が必要です。

SEOの手法を使って効果があるのか?

SEOに取り組むWeb担当者は、日々勉強して様々の手法を学んでいると思います。
しかし「この手法で効果があるのだろうか…?」と悩む事も多いのではないでしょうか?

Web検索すると、たくさんの知識や成功事例が紹介されています。では、その知識や成功したテクニックを使えばうまくいくのか?といえば「そうとは限らない」です。

成功事例は、あくまで「そのサイトでの成功」です。自分のサイトでバッチリ当てはまるとは限りません。

Webサイトの目的や役割りは、サイトによって様々です。集客したいユーザーやキーワードも目的次第で全然変わります。

企業の業種や規模、予算なども違います。
SEOだけでコツコツとWebサイトの底力を上げていく企業もあれば、リスティングなどの広告を使っている企業もあります。元々ブランド力のある企業もあります。

様々な条件・経営戦略の中でのSEO事例なので、自社へのハマり方も変わってくるのは当然ですね。

SEOの手法は「これをやれば、必ず上位表示されてウハウハ!」みたいな必殺技はありません…。

※最低限のルール・作法はあります。そこをクリアしていないWebサイトは大きく改善される可能性があります。まずスタートラインに立つにはGoogle検索エンジン最適化スターターガイドをオススメします。

消化して自社の施策に活かす

しかし、正しい知識やSEO手法の成功事例は「役立つ知恵」に間違いありません。

それを「そのまま使う」のではなく「消化して自社の施策に活かす」ことが大切になります。

そして一つ一つの改善は「全てを瞬時に解決する魔法」ではなく、「成果の確率を高める可能性」のあるものです。

小さな成功からコツコツと、積み重ねが大切です。

中小企業や個人事業のWebサイトでは、専任のWeb担当者がいない・少ない・じっくり取り組む時間が無い…という状況で、効果的なサイト運営ができないかもしれません。そんな時はWebアドバイザーにご相談ください。