Webサイトの現状を把握して改善に役立てる方法

ホームページの目的は「集客して成果をだす(何らかの目標を達成する)」ことです。

  • ホームーページの現状を測定・分析する
  • 必要な課題を洗い出す
  • 適切な改善を行う
  • 改善の効果を検証し、次の施策へつなげる

というPDCAサイクルを継続することが大切です。

ウェブ担当者が「サイトを運営する」には、サイトの現状を「何となく」ではなく「データ」として正しく把握する必要があります。

ホームページを改善する手順・方法

ホームページにブログ記事を定期的に追加しているが、アクセスアップの効果が全然ない…、と悩んでいるウェブ担当者の方は多いと思います。

半ば義務的にサイトやブログを更新しても、なかなか集客や成約などの「成果」に結びつくことはありません。

サイトを改善するには「何を改善したいのか?」が明確になっていないと、施策の方向が的外れになる可能性があります。
ウェブ分析をしっかり行いホームページの【現状把握】をすれば、「サイトの何を改善するか?」にピントが合います。

ウェブ分析とは

ウェブ分析はWebマーケティングに欠かせない手法の一つです。

  1. 様々なデータを収集(計測)する
  2. データから状態を把握・分析する
  3. 問題点をデータに基づいて改善する
  4. 改善結果をデータとして収集(計測)する

という、データ分析を軸とした改善の流れを行う継続的な活動です。
(Web解析、アクセス解析などの言葉でも表現されます)

ホームページを作ったはいいが客観的な良し悪しがよくわからないと悩んだことはありませんか?
自分たちには「良いサイト」と思っていても、もしかしたら訪問者にとっては「わかりにくいサイト」という事があるかもしれません。

▲感覚では行き詰まる

ウェブ運営は、感覚では行き詰まる

◎Web分析でアクションが見えてくる

Web分析でアクションが見えてくる

ウェブ分析を軸にしたサイト改善

ホームページは作り手の自己満足になってはいけません。訪問するユーザーの期待を的確に把握するために、ウェブ分析を軸にした改善フローを実行し、成果の出るホームページへと成長させることが必要です。

ウェブ分析を活用した施策例

  • 訪問者の行動を分析し、サイトの使い勝手を最適化する
  • キーワードを意識したコンテンツ作成・ライティングを行う
  • 時期による訪問傾向を把握し、適切なコンテンツをタイムリーに公開する
  • ソーシャルメディア活用の効果を確認する
  • 集客や成果につながらない原因を分析し、ボトルネックを改善する
  • 改善施策の実行前と実行後を比較し、改善の効果を判断する

ウェブ診断をやっています

ウェブ分析を軸にした「ウェブ診断サービス」を行っています。ウェブ診断は「ホームページの現状把握」と「改善のアドバイス」を提供するサービスです。

WEBサイトの悩み、ご相談ください

Webサイトの改善
ライティングの添削
アクセス解析(Google Analytics)の活用
ホームページの制作
WordPressのカスタマイズなど

Webサイトでお困りの方は、是非ご相談ください!