これからホームページを作りたい!という方におすすめのサービス

これからホームページを作る場合は「Webコンサルティング【顧問プラン】」をおすすめしています。
Webコンサルティングで解決できる悩みや、どんな時に役に立つのか?など、ケース別の活用例をご紹介します。

ホームページ作成での「困った」を解決します

ホームページを作る時には、色々な悩みや困ったことが発生します。プロジェクトの進め方、技術的なこと、専門的なことなど様々です。Webコンサルティングは、これらの課題をWebマーケティングの観点から解決していく支援サービスです。

「どのように始めたらよいかわからない」で困ったら

ホームページの作成をする時、こんな悩みはありませんか?

  • どんなホームページにしたらよいのだろう?
  • 何の情報を記載すればいいのか?
  • どんなコンテンツ(ページ)を作ったらよいのだろう?
  • どう見せれば訪問者に喜ばれるのだろう?

単に情報を羅列しただけのホームページの場合、「時間とお金をかけてホームページを作ったけど、反響が少ない」や「ただ作っただけで終わってしまう」という状況になりがちです。さらに「反響を得るためにリニューアルする」という無駄な時間とコストが必要になることもあります。

この無駄は、ホームページ作成の初期から「戦略を立てて」作っていくことで解決できます。

  • どんなユーザーに対してのホームページなのか
  • 何の期待に応える情報を掲載するか
  • ホームページを通じて訪問者に何を期待するか

など、Webマーケティングの観点から戦略的にサイト構築をすると、成果のでるホームページにつながります。

「制作会社にどうお願いしたらよいの?」で困ったら

作りたいホームページの内容が決まったら、制作会社に依頼をします。その際、作りたいイメージや実現したいことを正しく制作会社に伝えないといけません。

制作会社とのやりとりを考えた時、こんな悩みはありませんか?

  • ホームページのイメージ、やりたい事をどうやって伝えればよいのだろう?
  • 技術的な難しい話はわからないから、何を話せばよいかわからない
  • 技術的、専門的な分野の事は、何を確認すれば(質問すれば)よいかわからない
  • 見積りをもらったけれど、妥当なのかがわからない
  • ホームページの提案をもらったけれど、妥当なのかがわからない

伝えた内容が間違えていなくても、間違えて(誤解や曲解されて)伝わってしまう事があります。特に「技術的なハナシ」や「インターネット業界ではあたりまえのハナシ」などは、お互いが「わかっていたつもり・知っていたつもり・伝えたつもり」になりがちです。

Webコンサルティングは、「作りたい側の要望」と「制作側の提案」を、それぞれの立場から分析・判断する役割りです。「正しい情報が、意図通りに伝わる」ための支援をします。

「何から手をつけたらよいかわからない」で困ったら

ホームページを作成したいと思っても「何から考えて、どう進めていけばいいの?」という悩みはありませんか?

インターネットは一般的に普及しており、誰もがパソコンやスマートフォンでWebサイトを閲覧しています。しかし、実際に「ホームページを作る」となると別の話です。技術的なこと、専門的なこと、プロジェクトの進め方など、それなりの経験や専門知識が必要になります。
特に、専任のWeb担当者がいない企業様において、技術的・専門的な領域をカバーするためには、多くの時間とエネルギーが必要になると思います。

Webコンサルティングは、技術的・専門的な分野のアドバイザーとして、ノウハウやアドバイスを提供する役割です。そして、ホームページ作成の計画プランについても、適切なプロジェクト進行のアドバイスをしていきます。

WEBサイトの悩み、ご相談ください

Webサイトの改善
ライティングの添削
アクセス解析(Google Analytics)の活用
ホームページの制作
WordPressのカスタマイズなど

Webサイトでお困りの方は、是非ご相談ください!